半身浴と足湯で全身リラックス

心身をリラックスさせ、寝つきをよくする半身浴と足湯

体の芯まであったか。適温でバスタブに浸かるのは気持ちのいいものです。
特に寒い季節に熱いお風呂に入りたくなりますね。

 

 

しかし、熱いお湯に浸かるのは睡眠には逆効果。

 

というのも、熱いお湯は活動中の自律神経「交感神経」を活性化するので、
脳が興奮状態となり、睡眠の妨げになってしまうからです。

 

睡眠中は体の深部(体の芯)の体温は徐々に下がっていくものなので、
熱いお湯で深部の体温を上げすぎてはダメなんです。

 

 

ぬるめのお湯での半身浴

 

ちょっとぬるいかな...と感じるくらいの温度のお湯に30分程度浸かると、
就寝後に体の深部の温度がすみやかに下がるようになるため、
交感神経がスムースに副交感神経に切り替わり、寝つきがよくなります。

 

この場合、全身浴よりも心臓や肺に負担が掛かりにくい半身浴の方が効果的。
できれば就寝の1時間程度前に入浴するといいでしょう。

 

 

入浴が面倒くさい...というときには足湯を

 

洗面器などにお湯を入れて足を浸すだけでも快眠効果があります。
ただし、この場合も熱いお湯はNGです。

 

やはり交感神経を刺激してしまい逆効果になってしまうので、
ぬるめのお湯で20分程度浸かりましょう。

 

足湯には血行促進、疲労回復効果もあるので、より眠りに落ちやすくなります。

 

 

就寝前に1スティックでリラックスできる北の大地の夢しずく。

 

関連ページ

快眠のためにやめるべきこと
就寝前の習慣を改善することで寝つきがよくなり、睡眠の質が上がります。
朝まで目覚めない快眠法
誰でも簡単にできるグッスリ眠れる方法。

成分と効果 FAQ 購入とサポート 快眠のために