快眠のためにやめるべきこと

就寝前のこれをやめることでグッスリ

日頃のちょっとした習慣が寝つきを悪くしたり、夜中に目が覚めたり、
実はそんなことがよくあります。

 

 

快眠に必要なのはリラックスです。

 

神経の興奮や覚醒を呼び寄せるような習慣を改善するだけで、
簡単にスーッ...朝までグッスリ、となることも。

 

 

就寝前のパソコン・スマホをやめる

 

夜遅くまでのパソコン作業やスマホいじり、そしてテレビの視聴も入眠を妨げます。
これはモニターの光によって脳が興奮し、覚醒したままになってしまうから。

 

一度興奮状態になった脳は少なくとも2時間程度は興奮が続いてしまいます。
だから寝つきが悪くなり、睡眠の質も低下してしまうんです。

 

就寝前の2〜3時間前からはパソコン、テレビ、スマホはやめましょう。

 

 

お酒の飲みすぎをやめる

 

お酒を飲むと寝つきがよくなりますが、飲みすぎると眠りが浅くなってしまいます。
これは深い睡眠のノンレム睡眠の時間が減ってしまうため。

 

また、アルコールの作用が消えたときに目が覚めてしまったり、
アルコールによってトイレが近くなり、目が覚めてしまうということも。

 

やはりお酒はほどほどがいいようです。

 

 

夕食後のカフェイン飲料をやめる

 

カフェインは覚醒作用があることはよく知られていますが、
コーヒー、紅茶、緑茶、コーラなどにたくさん入っています。

 

だから、食後にお茶を何杯も飲んだりすれば、おのずと脳が覚醒してしまいます。

 

また、カフェインの作用は意外と長く、10時間以上続くこともあるので、
夕方以降はお茶やコーヒーを飲まない方が無難です。

 

 

就寝前の新習慣。休息サポートサプリ・北の大地の夢しずく。

 

関連ページ

半身浴と足湯で全身リラックス
半身浴と足湯のリラックス効果と快眠効果について。
朝まで目覚めない快眠法
誰でも簡単にできるグッスリ眠れる方法。

成分と効果 FAQ 購入とサポート 快眠のために