朝まで目覚めない快眠法

心のリラックスが眠りを深くする

何だか寝つかれない...眠らなければ、と思っていても時間が過ぎるばかり。
そんな経験は誰にでもあるものです。

 

 

でも、やみくもに眠ろうとするよりも、ちょっとした方法でスッと眠れることもあるんです。
誰でも簡単にできる快眠法をいくつかご紹介します。

 

 

就寝前に音楽を聴く

 

聴く曲はメロディに変化が少なく、不協和音の少ないものがおすすめ。
ボリュームを下げて聴けば少しずつリラックスしてくるでしょう。

 

ただし、就寝時に音楽を聴くと返って眠れなくなることもあるので、
就寝前だけにとどめておきましょう。

 

 

ストレッチ

 

深呼吸しながらゆったりとストレッチを行うことで、
脳の興奮を抑え、リラックス感が得られます。

 

あまり激しく行うと逆効果になるので、息を切らさず楽にできる程度で十分です。

 

 

気にかかることは明日考える

 

誰にでも悩みはあるものですが、それを就寝時に考えるということは
交感神経が優位になって脳が覚醒しているということ。

 

悩みや気にかかることは紙に書き出しておき、明日考えましょう。

 

 

睡眠環境を変えてみる

 

枕やベッド、寝るときの衣服などを変えるだけでも快眠できることがあります。
例えば旅行先のホテルの枕が合わなくて眠れなかったりすることがありますよね?

 

自分に合った高さの枕、体を締めつけない衣服は特に大切です。

 

 

アロマテラピー

 

鼻から吸引されたアロマは脳の視床下部まで届いて、快眠作用をもたらすといわれています。
布につけて直接嗅いだり、お風呂に入れるなど、いずれもリラックス効果があります。

 

 

薬に頼らない休息サポートのサプリ・北の大地の夢しずく。

 

関連ページ

半身浴と足湯で全身リラックス
半身浴と足湯のリラックス効果と快眠効果について。
快眠のためにやめるべきこと
就寝前の習慣を改善することで寝つきがよくなり、睡眠の質が上がります。

成分と効果 FAQ 購入とサポート 快眠のために